地元倉敷で50年の実績。岡山県倉敷市周辺でリフォームするならウンセンリフォームへ。

離れ古民家を新しい住居空間へ

 邸名  岡山県S様邸
 工期  4ヶ月
 予算

 

 工事個所  浴室・キッチン・洗面・LDK・玄関・廊下・自然素材・電化・太陽光発電・二世帯住宅・バリアフリー・サッシ断熱


離れ古民家を居住スペースにリフォーム
 

1F BEFORE

ー1階 施工前ー

使われていないご実家の離れを改装。水廻りをすべて分離した2世帯住宅となります。トイレ以外の水廻り設備はなかったため新設しました。
また、1階の天井高が若干低めだったので、圧迫感のないようにして欲しいというご要望がありました。
和室と洋室の続き間

和室と洋室の続き間

ほぼスケルトン状態の解体

ほぼスケルトンの状態まで解体

リフォーム前の玄関

玄関の様子

1F AFTER

ー1階 施工後ー

使用される材料、間取りなど時間をかけて検討された結果、材料は古民家の雰囲気に合い、家族の健康の事を考えられて、 音響熟成木材うづくりの床と 幻の漆喰をご採用されることとなりました。
リビングの位置は、南側にするか庭の見える北側にするかで迷われていましたが、南側の明るい場所になりました。
黒の音響熟成木材を使用したダイニングとリビング

ダイニングからリビング。音響熟成木材の黒の杉床材が漆喰の白とよく合います。

建具も音響熟成木材を使用したリビング

リビングの様子。建具も音響熟成木材を使用しています。

背面には大容量の収納を設置したキッチン

キッチンの様子。対面式で背面には大容量の収納を設置。TOTO製。

アルミの引違い戸を選択した玄関

玄関の様子。雰囲気に合うアルミの引違い玄関戸を選択。収納もたっぷりとりました。

天窓を設けた明るい洗面所

北側に面する洗面所には天窓を設け照明なしでもこの明るさ。TOTOオクターブ。

広々とした浴室

システムバスの様子。タカラ製。

 
 
 

2F BEFORE

ー2階 施工前ー

2階は、子供部屋と主寝室に生まれ変わります。

2階のつづきの間の様子

2階南の部屋

外観の様子。

2F AFTER

ー2階 施工後ー

2階の続きの間を区切って、主寝室と子供部屋にしました。その2部屋に使用されていた天井材が気に入られていたので、天井材はそのままとしました。床材は1階とは違い、 音響熟成木材うづくりの床のナチュラルを使用。壁は 幻の漆喰を使用しています。

主寝室。収納の扉ももちろん音響熟成木材を使用。

子供部屋。天井は解体せずにそのまま使用。

予備の部屋。壁・天井とも幻の漆喰を使用。

階段。杉の無垢材を使用。

外観の様子。漆喰を塗り替えました。